• by
  • 最速ニュース+:209/2381
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/01/29(月) 08:22:52.74 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180128/k10011306171000.html?utm_int=news-new_contents_list-items_022

      1月28日 18時51分
      インターネット上の仮想通貨を取り扱う国内の大手取引所、「コインチェック」が外部から不正なアクセスを受けて580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、会社側は、28日午後、これまでのいきさつなどを金融庁に報告しました。報告を終えたあとコインチェックの大塚雄介取締役は記者団に対し、「顧客への補償は、会社が持っている現金などで対応し、めどはついている」と述べ、およそ460億円に上ると見られる補償は自己資金で対応できるという認識を示しました。ただ、補償の時期については、精査中だとして明言を避けました。
      また、問題が発生したあとNEMの価格が下落したことなどを踏まえ実際に支払われる額は流出した時点の580億円より100億円余り少ない460億円余りにとどまると見られることについて、「いろいろな考え方があると思うが私たちが適正だと思うレートで決めさせていただいた」と述べました。

      そのうえで、「私たちは今後も事業を継続させることを大前提とし、お客様に第1に何をすべきかという観点で補償の方針をお伝えした」と述べ、今後も取引所としての事業を継続する考えを示しました。

      そして現在、停止しているNEM以外の仮想通貨も含めた売買などの再開時期については、セキュリティー対策を十分に取ったうえで再開させたいという考えを示しました。

      このほか、流出したNEMについて大塚取締役は、保有者は分からないもののデータがネットワーク上のどの場所にあるかは分かっているとしたうえで、「国内外の取引所などに売買を止めるよう要請している。世界中から監視されているので、流出したNEMは現金にも、ほかの仮想通貨にもかえられてはいない」と述べました。

      一方、28日の金融庁への報告について大塚取締役はこれまでの事実関係や顧客への対応状況を報告したとしましたが、金融庁からどのような対応を求められたかについては差し控えたいとしてコメントしませんでした。

      no title
      【【コインチェック】「顧客への補償は現金などで対応」 【など・・・】】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      sign-1719892_640

      1:最速ニュース+な ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/28(日) 18:49:10.20 ID:CAP_USER9
      https://www.asahi.com/articles/ASL1T5QBBL1TULOB00S.html
      川崎市は25日、老朽化した市の巡視船「つばめ」(約28トン)の後継船が完成したものの、船体が重すぎて市の求める速度が出ないため、業者との建造契約を解除すると発表した。当面、「つばめ」を使い続けるという。

       市によると、「つばめ」は1974年建造。湾岸部の工場地帯を海上から巡視してきた。
      老朽化したため市は30トン級の船の新造を決め、入札を経て2016年春、横浜市の造船会社と契約を結んだ。建造費は約2億7200万円。就航予定は17年4月で、名称も「かもめ」と決まっていた。

       同社は17年3月、市から求められた「19ノット以上」の速度が出るか試験運航をしたところ約14ノットしか出なかった。重さは30トンの計画だったが45トンあった。
      軽量化を試みたが昨夏の試験でも14ノット止まり。今月に入り、市に「納品断念」の連絡をしてきたという。

       同社は「建造時、重量の管理をきちんとしていなかった」と説明しているという。市が建造費を負担することはないといい、賠償金のほか、運航が続く「つばめ」の使用・維持管理の費用も同社が払うという。

       市の担当者は「こんな事態は聞いたことがない」と驚き、「新たな船を極力早く造る」と話している。 
      【巡視船発注したら…重すぎて速度出ず 納品断念 川崎市】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 影のたけし軍団 ★ 2018/01/28(日) 17:03:52.85 ID:CAP_USER9
      仮想通貨を扱う取引所、「コインチェック」から580億円相当の仮想通貨が流出した問題で、
      会社側が被害を受けた顧客に日本円で返金する方針を示したことを受けて、

      インターネット上では、利用者と見られる人が「よかった」などと書き込む一方、
      「本当に戻ってくるのか」などと疑問を示す声も投稿されています。

      この問題を受けて、ツイッターには利用者と見られる人から、「コインチェックからメールきたわ。返金ねよかったよかった」と、
      会社側の説明に安心する書き込みが見られました。

      この一方で、「全額自己資金で返金って言ってるけど時期も未定だし本当に戻ってくるのかどうか」という疑問の声や、
      「暴落時の価格のため元本割れ。15万円くらいの損です」といった、損失を訴える声も投稿されていました。

      このほか、「そんな自己資本があるならなぜセキュリティ強化しなかったのかと疑問に思う」として、
      会社側のこれまでの対策を批判する書き込みも見られました。
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180128/k10011306011000.html 
      【ネット 「コインチェックからメールきたわ。よかったよかった」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      school-3085029_640

      1:最速ニュース+な (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/01/28(日) 10:44:51.14 ID:CAP_USER9
      県立高校の女子生徒が教室で男子生徒に嫌がらせをしている様子を撮影した動画が
      インターネット上の会員制交流サイト(SNS)に投稿され、波紋を呼んでいることを受け、
      新潟県教育委員会と同校の校長は26日夜に記者会見し、いじめと認定したとした上で「心からおわびする」と謝罪した。

      県教委によると、19日午後1時すぎ、女子生徒が同校の教室で同級生の男子生徒の顔に物を投げたり、貼り付けたりした。

      男子生徒が嫌がる様子を別の女子生徒がスマートフォンで撮影し、写真共有サイト「インスタグラム」に投稿。
      別の高校生2人がツイッターに転載するなどしたためネット上で拡散した。

      ネット上では女子生徒を批判する投稿が相次ぎ、生徒の個人情報まで書き込まれる事態になった。
      女子生徒は恐怖を感じ、授業は現在受けていないという。

      学校側の聞き取り調査に対し、この女子生徒は「過去にも仲間同士で何回かやっていて、
      たまたま近くにいた男子生徒に軽い気持ちで投げた」と説明。
      撮影した生徒は「面白いことがあれば投稿してきた」と話したという。生徒らは反省し、男子生徒に謝罪したいとしている。

      男子生徒はカウンセリングを受けながら、26日には登校して授業を受けた。
      男子生徒は昨年12月、今回とは別の生徒から机と教卓を入れ替えられる嫌がらせを受けていたという。

      同校は近く、保護者を集めて説明会を開く予定。

      http://www.sankei.com/life/news/180128/lif1801280023-n1.html
      【【新潟】「いじめ動画」加害女子生徒はネット上の批判に恐怖を感じ授業受けられず】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/01/28(日) 09:38:17.79 ID:CAP_USER9
      “結局、どっちなんだよ”と困惑する声も多数見られる ※画像はイメージです
      no title


      出先で便意をもよおしてしまい、コンビニのトイレに駆け込む。誰しも一度は経験があるのではないだろうか。なかには、トイレを借りるだけというのは気が引けるとの理由から、飲み物やガムなど、小さな買い物をする人もいるだろう。しかし、この小さな買い物がちょっとした議論に発展しているのだ。

      きっかけとなったのは、以下のツイート。

      “コンビニで便所を借りた後、ガムを買って外に出ると後輩達が「今なんでガム買ったんすか?」「トイレ借りた礼のつもりすか?」「コンビニでバイトしてた時、そういう客迷惑だったんすよね」「黙って使って黙って出ろって」「偽善便所ガム野郎」「佐原先生の事じゃないすよ」ガムを持った手が震えたわ ”

      お礼のつもりで買い物をすることは、コンビニで働いている側にとっては迷惑だというのだ。このツイートに対して、Twitterでは、

      “わかります。私も学生時代にコンビニバイトしていて、トイレ借りた人がガムとかお菓子をわざわざ買ってくれる事に対して苛立ちを感じていました。”
      “よかれと思ってやったことが裏目に出ることは多々あるが、その最たる例が「コンビニでトイレ借りた際のお礼ガム購入」かもしれない。

      ちょっと考えれば、歩合給じゃ無いバイト店員は仕事増やされて迷惑だとわかるけど。”

      と、従業員の立場としては、ありがた迷惑だとの意見がある一方で、

      “経営者の立場からするとガム1個でも有難いよ”
      “「黙って使って黙って出ろって」?これは従業員の考え。こんな思考の従業員は経営者にとって困る 。”
      “コンビニでトイレ借りてそのまま出ようとしたらおばさん店員にブチ切れられて2~3分説教くらった事あるんだけど ”
      “コンビニでバイトしてた時、トイレ使った後にガムとかお茶とかタバコを買っていく人がいたら「お礼のつもりなら律儀な人だなぁ」と思ってました。”

      といったように、イチ従業員と経営者とでは考えが違うという声や、実際の体験談を交えて買い物をして出ることの重要性を説くユーザーなど、反論も少なくない。また客として使う側では、

      “コンビニトイレ、個人的には有料でもいいと思ってる ”

      とお金を払ってでも使いたいという声もあった。たしかに、緊急事態に陥った際には、いくらでも払うから使わせてくれ…という気持ちになることもある。

      昨今のコンビニでは業務が多様化しており、小売に加えて公共料金の支払いやチケットの予約・発券、宅配サービスの手配など多岐にわたる。そんな状況で少しでも仕事を減らしたいとの思いがツイートに込められているのかもしれない。とはいえ、多くの人がやってしまっている行為だけに、議論を呼んだ一件だった。

      STANDBY:https://www.standby-media.jp/case-file/172663 
      【【マナー】コンビニでトイレを借りた際「ガムを買う」のは迷惑?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bitcoin-3083578_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/01/28(日) 08:29:30.52 ID:CAP_USER9
      不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について
      2018.1.28

      コインチェック株式会社(代表取締役社長:和田晃一良、以下:当社)が運営する仮想通貨取引所サービス「Coincheck」において発生した仮想通貨NEMの不正送金に伴い、対象となる約26万人のNEMの保有者に対し、以下の通り、補償方針を決定いたしましたので、お知らせいたします。


      1月26日に不正送金されたNEMの補償について

      総額 : 5億2300万XEM
      保有者数 : 約26万人
      補償方法 : NEMの保有者全員に、日本円でコインチェックウォレットに返金いたします。
      算出方法 : NEMの取扱高が国内外含め最も多いテックビューロ株式会社の運営する仮想通貨取引所ZaifのXEM/JPY (NEM/JPY)を参考にし、出来高の加重平均を使って価格を算出いたします。算出期間は、CoincheckにおけるNEMの売買停止時から本リリース時までの加重平均の価格で、JPYにて返金いたします。
      算出期間  : 売買停止時(2018/01/26 12:09 日本時間)~本リリース配信時(2018/01/27 23:00 日本時間)
      補償金額  : 88.549円×保有数
      補償時期等 : 補償時期や手続きの方法に関しましては、現在検討中です。なお、返金原資については自己資金より実施させていただきます。   

      今般の不正送金に伴い、一部サービスの停止などお客様、取引先、関係者の皆様にご迷惑をおかけしており、重ねてお詫び申し上げます。原因究明、セキュリティ体制の強化などを含めたサービスの再開に尽力するとともに、金融庁への仮想通貨交換業者の登録申請の継続的な取り組みも併せて、今後も事業を継続して参りますので、引き続き、宜しくお願い申し上げます。

      不正に送金された仮想通貨NEMの保有者に対する補償方針について | コインチェック株式会社
      http://corporate.coincheck.com/2018/01/28/30.html 
      【【コインチェック】不正送金されたNEM保有者26万人に日本円で返金を検討】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      video-game-console-2202586_640

      1:最速ニュース+な 名無しさん@涙目です。(岐阜県) [CA] 2018/01/27(土) 17:09:18.65 ID:cbW7Jb+80● BE:684470342-2BP(2000)
      sssp://img.5ch.net/ico/nida.gif
      <アズールレーン>おじさんゲーマーがまったり遊んでみた(1) 「艦これ」の“副作用”

       昨年に配信が始まり、日本最大の同人誌即売会「コミックマーケット」のコスプレでも人気となったスマートフォン用ゲーム「アズールレーン」。
      ゲームファンの間でも人気とは言うものの、どんなゲームなのでしょう。かつて「艦隊これくしょん-艦これ-」に熱中した
      経験のあるおじさんゲーマーが実際に体験してみました。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180126-00000042-mantan-game

      【逆に今やっても面白いファミコンソフトってなんかある?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bitcoin-3014614_640

      1:最速ニュース+な ニライカナイφ ★ 2018/01/27(土) 19:29:46.99 ID:CAP_USER9
      ◆コインチェック ビットコイン決済サービスも停止と発表

      580億円相当の仮想通貨ネムが流出する被害が発生した仮想通貨取引所大手のコインチェックは、
      同社の運営するビットコイン決済サービス「Coincheck payment」の日本円出金や新規支払いをきょう午後5時ごろ停止すると発表。
      同サービスは実店舗やネット通販サイトの決済にも利用されており、被害の影響が拡大する見通し。

      NewsDigest 2018年1月27日 15時6分
      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/14218103/ 
      【【コインチェック】ビットコイン決済も停止】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      olympics-1613101_640

      1:最速ニュース+な ハンバーグタイカレー ★ 2018/01/27(土) 12:30:16.04 ID:CAP_USER9
      2020年東京オリンピック・パラリンピックに向け、東京都と組織委員会は合わせて11万人のボランティアを募集します。

      ボランティアには競技運営のサポートや競技会場のサービスなどを行う大会ボランティアと、
      空港や駅などで観光や交通の案内をする都市ボランティアに分けられています。

      大会ボランティアは組織委員会が8万人を募集し、都市ボランティアは東京都が3万人を募集します。
      応募の受付は9月の中旬で、大会1年を切った来年の10月から研修が始まるということです。
      都市ボランティアについては、競技が行われる東京都以外の自治体でも募集が行われます。

      http://news.tv-asahi.co.jp/news_society/articles/000119647.html 
      【2020年東京五輪11万人以上のボランティアを大募集 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な Scott ★ 2018/01/27(土) 12:28:48.47 ID:CAP_USER9
      コインチェックが入るビル前を訪れた利用者(手前左)ら(27日午前、東京都渋谷区)
      no title


       仮想通貨取引所大手のコインチェック(東京・渋谷)が顧客から預かる約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した問題で、NEMを保有していない顧客を含めて資産が失われる可能性があることが27日、分かった。被害が拡大する恐れがある。一方、警視庁はコインチェックから不正アクセスによる流出の報告を受け、情報収集に着手した。

       コインチェックは26日未明に不正アクセスにより、顧客から預かるほぼ全てのNEMが流出。午後には全ての仮想通貨と日本円の出金を停止し、ビットコイン以外の仮想通貨の売買も中止した。

       同社は仮想通貨の国内大手取引所の一つ。口座数などは非公表だが「預かり資産は数千億円規模」(業界関係者)とされる。

       和田晃一良社長は26日深夜に開いた記者会見で、最悪のケースとして「顧客の資産を毀損し、返せないこと」を挙げた。顧客の資産が全て失われる可能性については「基本的にはないと考えているが、それを含めて確認中」と言葉を濁した。

       同社が国際団体から推奨されていた、安全性の高い「マルチシグ」と呼ぶセキュリティー技術を導入していなかったことも明らかになった。大塚雄介・最高執行責任者(COO)は「認識はしており、やらねばならないとも思っていた」と弁明したが、利用者保護が後回しになっていた形だ。

       こうしたなか、警視庁は情報収集に着手。今後、同社から流出の経緯を聞き取るほか、システムへのアクセス記録や仮想通貨の保管状況などを詳しく調べるとみられる。

       警視庁は2017年12月、コインチェックを含む仮想通貨取引所10社とサイバー犯罪防止に向けた国内初の協定を結んだ。コインチェックは改正資金決済法に基づく金融庁への登録を申請中の「みなし業者」だが、顧客数が多いことから協定に参加している。

       協定では取引所がサイバー犯罪を把握した場合、警視庁へ速やかに通報して捜査に必要な情報を提供する一方、同庁は被害拡大や再発を防ぐ支援をするとしている。同庁幹部は「被害の実態を把握するため、必要な調査を進める」としている。

      日経新聞:https://www.nikkei.com/article/DGXMZO26234720X20C18A1MM0000/ 
      【【コインチェック】「返せない恐れ」】の続きを読む