• by
  • 最速ニュース+:195/2280
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      dancing-dave-minion-510835_640

      1:最速ニュース+な らむちゃん ★ 2018/02/03(土) 22:58:22.13 ID:CAP_USER9
      mamatenna 2018年2月3日 16時58分
      http://news.livedoor.com/article/detail/14251237/

      妊娠・出産は結婚生活のビッグイベントのひとつ。新しい家族が増えるにあたって、さまざまな準備が必要になりますが、なかでもとくに悩むことといえば、やっぱり名前ではないでしょうか。我が子がずっと使い続けるもの、パパ・ママからの最初のプレゼントだからこそ、良い名前を付けてあげたいと思うのが親心。でも、みんなはどんなことを重要視しているのでしょうか?

      子どもの名前は字画よりもアレが大切?
      そんなパパ・ママの本音を探ろうとしたところ、ベビー&子ども服・ベビー用品のミキハウスが、2017年12月12日~18日に、「ミキハウス ベビークラブ」会員で、子どもを持つ、または妊娠中の人4286名を対象に行った調査結果を発見。同調査では、「子どもの名前を決める際に、意識したことや気を付けたこと」を質問しており、結果は以下の通りに。

      1位:音の響きがよい(59.0%)

      2位:字画がよい(57.4%)

      3位:キラキラネームを避ける(49.7%)

      4位:お子さまの将来像への願いをこめる(44.3%)

      5位:読みやすい漢字を使う(41.7%)

      6位:文字で書いたときの見た目がよい(34.6%)

      7位:他の子どもたちとかぶらない名前にする(23.9%)

      8位:女性らしさ、男性らしさを意識した名前にする(23.2%)

      9位:日本らしい名前にする(17.6%)

      10位:ニックネームをつけやすい(13.8%)

      約6割の人が選び1位となったのは、「音の響きがよい」。親はもちろん、子どもが自分自身でも口に出す機会の多い名前は、なによりも声に出したときの“音の響き”が大切なようです。
      【【話題】子どもの名前「キラキラネームを避ける」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/02(金) 15:27:09.14 ID:CAP_USER9
      フランス・サランシュの病院でAFPの取材に応じる登山家のエリザベート・レボルさん(2018年1月31日撮影
      no title

      【2月2日 AFP】「人食い山」の異名を持つパキスタン北部にある世界最高峰クラスの高山、ナンガ・パルバット(Nanga Parbat、標高8125メートル)で、夜間の困難な救助活動により遭難から救出されたフランス人登山家のエリザベート・レボル(Elisabeth Revol)さんが、衰弱し出血していた登山パートナーを残して暗闇の中、単独下山せざるを得なかった状況を語った。

       フランスのオートサボア(Haute-Savoie)県の病院でAFPとの単独インタビューに応じたレボルさんは、救助隊からポーランド人のトマシュ・マツキェビッチ(Tomek Mackiewicz)さんを残して下山するよう強く求められたと語った。

       レボルさんにとって4度目、マツキェビッチさんとは3番目の挑戦となったナンガ・パルバットの冬登山で、ふたりは極寒と強風の困難に見舞われた。ポーランド人の精鋭登山隊が何とかレボルさんのいる場所まで登ることはできたが、さらに高所で動けなくなったマツキェビッチさんまでたどり着くことはできなかった。

       レボルさんの救出後の体重はわずか43キロ。レボルさんは12月15日にフランスを出発、1月20日にマツキェビッチさんとともに登山を開始した。

       数日後、頂上に接近した2人は「とてもいい気分だった」とレボルさんは振り返る。夕方の早い時間、ついに山頂にたどり着いた。レボルさんは、酸素ボンベや案内人なしで冬季のナンガ・パルバット登頂に成功した最初の女性となった。

       だが彼らの喜びは長くは続かなかった。

      「トマシュが『もう何も見えない』と言ったのです」とレボルさんは話す。

      「日中少しもやがかかっていたので、彼はマスクを使用しませんでした。そして日が暮れる頃には眼炎になっていたのです。山頂にいたのはほとんど一瞬でした。下山を急がなければならなかったのです」

      ■遭難信号

       マツキェビッチさんがレボルさんの肩にしがみつき、ふたりは暗闇の中で長く困難な下山を始めた。

      「ある地点で彼は息ができなくなったのです」とレボルさんは語った。「口の前につけていた防護具を取り外したところ、凍え始めたのです。鼻が白くなり、手そして足が白くなりました」

       2人はクレバスの中で夜通し身を寄せ合い、身を切るような強風から必死に身を守ろうとした。だがマツキェビッチさんはもはや下山を続ける力を失い、夜明けまでに状態はさらに悪化した。

       レボルさんはマツキェビッチさんが「口から血を流していた」のを覚えているという。むくみの症状だ。体内の液体が鬱滞(うったい)する、急性高山病の最終段階だった。緊急に手当てをしなければ命取りとなる。 

       レボルさんは出来る限りの人々に遭難信号を発したが、送信の途中で消えてしまったメッセージもあった。

       ついに救助隊から指示が来た。「彼らは私に、『6000メートルまで下山すれば迎えに行ける。そして7200メートル地点でトマシュを救助する』と言ったのです」「私が決めたことではありませんでした。私に課されたのです」

       マツキェビッチさんに対しレボルさんは「いい?午後ヘリコプターが到着する。私は下りなければならない。救助隊はあなたを迎えに来る」と簡単に伝えた。

       救助隊へGPS座標を送信しながら、生きて帰ると自分自身に言い聞かせ、何も持たずに下山の路についた。「テントも布団も、何も持たずに」

      >>2以降に続く

      2018年2月2日 14:15
      AFPBB News
      http://www.afpbb.com/articles/-/3160879
      【【登山】パキスタンの「人食い山」から救出された女性登山家 恐怖の下山語る】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/03(土) 17:08:09.74 ID:CAP_USER9
      3日午後2時3分 JAXA実験用に開発した世界最小クラスのミニロケットが 打ち上げに成功
      https://www.nhk.or.jp/

      【【JAXA】ミニロケット打ち上げ 成功】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      Mangyongbong-92

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/03(土) 21:20:48.96 ID:CAP_USER9
      ロシア極東のウラジオストク港沖で3日、かつて日本と北朝鮮を結んだ貨客船「万景峰(マンギョンボン)号」が燃料切れのため遭難信号を発信した。北朝鮮との定期航路を運営する地元のロシア企業「インベスト・ストロイ・トレスト」がインタファクス通信などに明らかにした。

       同社によると、同号は乗員34人で米や小麦などの積み荷を運んでいたが、何らかのトラブルで港側が接岸を認めず、燃料、食料が尽きたという。同日中にタンカーを出し、万景峰号に燃料などを補給する予定。同社は5日に対応を検討するとしている。

       万景峰号は昨年5月、北朝鮮の羅先(ラソン)とウラジオストクを結ぶ定期航路の船として運航が始まったが、港湾使用料の問題で8月下旬に休止。10月に貨物のみの航路として不定期の運航が再開していた。

      ソース全文はこちらで
      https://www.asahi.com/sp/articles/ASL235JDKL23UHBI01D.html

      【【北朝鮮】万景峰号が燃料切れで遭難信号発信 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 記憶たどり。 ★ 2018/02/03(土) 19:45:47.64 ID:CAP_USER9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180203/k10011314101000.html

      仮想通貨の大手取引所、「コインチェック」から巨額の仮想通貨が流出した問題で、
      会社は被害を受けた顧客への補償だけでなく、顧客から預かっている日本円の出金を
      再開する時期についても依然、めどが立っていないことを明らかにしました。


      大手取引所の「コインチェック」では先月26日、外部からの不正なアクセスで
      580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出し、会社は、日本円を含むすべての出金や
      NEM以外の大半の仮想通貨の売買を停止して原因の究明などを進めています。

      これについて、会社は3日コメントを発表し、被害を受けた顧客への補償だけでなく、
      顧客から預かっている日本円の出金を再開する時期についても、依然、めどが立っていないことを
      明らかにしました。これについて、会社側は技術的な安全性などの検証を行っているためだと説明しています。

      会社は、顧客から預かっている日本円は金融機関の顧客専用口座に保全し、仮想通貨は外部の
      ネットワークから遮断するなどして保管しているとしていますが、仮想通貨の売買についても再開の
      めどは立っていません。会社は「ご迷惑をおかけします」とコメントしています。 
      【【コインチェック】出金再開時期の目途が立っていないことを明言】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2018/02/03(土) 14:44:25.61 ID:CAP_USER9
      2018.2.3

      2018年1月30日付のリリースでご案内をしております通り、当社では現在、日本円出金に伴う技術的な安全性等について、確認・検証中であり、再開に向けた準備を進めております。
      外部専門家の協力も得つつ行っている確認・検証を踏まえ、皆様には日本円出金の再開時期をお知らせいたします。

      なお、お客様がアカウントに保有している日本円につきましては、金融機関の顧客専用口座に保全されております。
      また、お客様がアカウントに保有している仮想通貨(BTC/ETH/ETC/LSK/FCT/XMR/REP/XRP/ZEC/LTC/DASH/BCH)につきましても、ホットウォレットから退避し、コールドウォレット等に保管しております。

      今しばらくご迷惑をおかけいたしますが、何卒、よろしくお願い申し上げます。

      http://corporate.coincheck.com/2018/02/03/37.html

      【【コインチェック】日本円出金に伴う安全性を確認中】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/03(土) 11:46:44.90 ID:CAP_USER9
      bitcoin-1995366_640

      コインチェックに立ち入り検査 金融庁 財務内容調べる 金融庁が仮想通貨の取引所に対し、資金決済法に基づく立ち入り検査を行うのは初めてで、業務改善命令の履行状況を厳しく監視することで顧客の保護に万全を期したいとしています。 
      ■コインチェック「真摯(しんし)に対応する」 
      金融庁の立ち入り検査を受けたことについて、「コインチェック」の広報担当者は、NHKの取材に対し、「真摯に対応して参ります」としています。 
      そのうえで、被害を受けた顧客への補償について、「返金できる時期のめどは立っていないが、自己資金で補償できるという考えに変わりはない」として、総額で460億円に上ると見られる補償は改めて、会社の資金でまかなえるとしました。 
      ただ、会社の資金と顧客から預かった資金とをきちんと分けて管理する「分別管理」が適正に行われているかどうかについては、「事実確認をしているところで、確かなことがわかってからお伝えする」と答えるにとどまりました。 



      ソース全文はこちらで
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180202/k10011312571000.html 
      【【コインチェック】「返金できる時期のめどは立っていないが、自己資金で補償できるという考えに変わりはない」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bitcoin-2008262_640

      1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2018/02/03(土) 11:25:33.70 ID:CAP_USER9
      ルービニ・マクロ・アソシエーツのヌリエル・ルービニ氏は2日、仮想通貨ビットコインは「人類史上最大のバブルだ」とした上で、この「究極のバブル」がついにはじけつつあると指摘した。
      ブルームバーグテレビジョンのインタビューに応じた。

      ビットコインはこの日、8000ドルを割り込み、昨年12月18日に付けた高値の1万9511ドルから約60%下げた。

      米ニューヨーク大学教授のルービニ氏はまた、ビットコインばかりでなく世界には1300を超える仮想通貨や新規仮想通貨公開(ICO)があり、これらはビットコインより「なお悪い」と述べた。

      ビットコインの土台であるブロックチェーン技術は「10年前からあるが、活用されているのは仮想通貨だけで、仮想通貨は詐欺だ」と断じた。

      さらに、ビットコインのマイニング(採掘)が大量に電力を消費することを指摘し「環境破壊だ」とも述べた。

      https://www.bloomberg.co.jp/news/articles/2018-02-02/P3IW8X6S972801

      【【ルービニ氏】ビットコイン「バブルがはじけつつある」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な プティフランスパン ★ 2018/02/03(土) 10:31:43.57 ID:CAP_USER9
      「初見で目を奪われた」雪の中に咲くバラのような鳥に息を飲む
      https://grapee.jp/450754
      no title


      野鳥や動物などを撮影している、まいる(@claspaon)さんが、雪の中に一輪のバラのような鳥を見つけて撮影。

      鮮やかで美しいピンク色の鳥の姿に、多くの人が感嘆の声を上げました。
      真っ白い背景にくっきりと写し出された、バラのような鳥をご覧ください。

      『 まいる@2月羅臼
        @claspaoni

      雪に咲く一輪の薔薇🌹
      英名の「rosefinch」がまさにぴったり似合う美しい色をしていました。

      EOS-1D X
      EF600mm f/4 L IS USM

      午前8:52 · 2018年2月1日 』
      no title

      no title

      no title

      no title


      撮影したのは、オオマシコというスズメ目アトリ科に分類される鳥で、英名で『rosefinch』と呼ばれています。
      中央シベリアなどの亜寒帯で繁殖し、冬になると越冬する渡り鳥です。日本には冬鳥として渡来することもありますが、数はそれほど多くないのだとか。

      珍しくも美しいオオマシコの姿に、このようなコメントが上がっていました。

      ・こんなに綺麗なピンク色をしているなんて、可愛すぎます!
      ・幸せの青い鳥みたいに、恋を運ぶピンクの鳥になりそう。
      ・初見で目を奪われました!こんなに綺麗な鳥がいるんですね。
      白い大地に映える、美しいバラのようなオオマシコ。

      寒い雪の中でこんなにも美しい鳥に出会ったら、寒さを忘れて見入ってしまいそうですね。

      【【オオマシコ】雪の中に咲くバラのような鳥が撮影される 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/03(土) 08:45:59.89 ID:CAP_USER9
      チャート(Bitcoin/Yen)
       http://sekai-kabuka.com/bitcoin.html
      【【ビットコイン】一時80万円割れ】の続きを読む