• by
  • 最速ニュース+:178/2148
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/10(土) 00:35:15.43 ID:CAP_USER9
      平昌五輪開会式に現れた“人面鳥”(AP)
      no title


      ◇平昌冬季五輪 開会式(2018年2月9日 平昌オリンピックスタジアム)

      平昌冬季五輪は9日午後8時(日本時間同)から開会式が行われた。セレモニーには謎の巨大な“人面鳥”が登場。ネット上でその強烈な風貌が話題となった。

      選手入場前に行われたセレモニーは、韓国の神話をモチーフとした幻想的な雰囲気で行われた。すると突然、人間の顔をした巨大な鳥が登場した。実は、韓国では神話に出てくる平和な時代にしか現れない不死鳥の元になっており、平和の祭典という五輪の開会式に起用されたもの。

      しかし、ネット上の話題はこの“人面鳥”で持ち切り。「あの人面鳥はインパクト強すぎる」「人面鳥の顔がリアルすぎて怖い」などの声が続出したほか、「絶対夢に出てくる」「怖すぎて子どもが大泣きした」などの声が上がった。

      ソース全文はこちらで
      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180209-00000168-spnannex-spo

      【【平昌五輪開会式】謎の“人面鳥”にネット話題沸騰 「ジブリに出てきそう」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      postman-3066616_640

      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/09(金) 18:36:13.41 ID:CAP_USER9
      https://www.cnn.co.jp/m/business/35114535.html

      2018.02.09 Fri posted at 17:04 JST
      ロンドン(CNNMoney) ドイツの金属産業労組IGメタルは9日までに、週28時間労働を導入することで経営者団体と合意した。これを受け、組合員230万人の大部分はより柔軟な労働時間で働くことが可能になる。

      高級車ブランド「メルセデス・ベンツ」を傘下に収めるダイムラーなどの労働者は来年から、最大2年間にわたり週28時間労働を行う選択肢を手にする。期間後は週35時間労働に戻る見通し。

      今回の交渉はドイツ南西部の企業700社以上の代理人との間で行われた。ドイツ産業界全体に波及効果を及ぼすとみられている。

      IGメタルは労働時間の柔軟化について、子どもや親戚の面倒を見たい従業員の助けになると説明。その場合の給料は労働時間短縮を反映して少なくなる見込みだとしている。労働者はまた、週40時間以上働いて稼ぎを増やす選択肢も手にする。

      ドイツでは失業率が低水準にあり、経済成長も力強い。こうした状況が労働者の追い風になっている。

      IGメタルの労働者を雇用している企業は、幅広い層の従業員に同様の条件を提示する見込みで、組合に加入していない労働者も今回の合意から利益を得るものとみられる。ダイムラーは、2019年を皮切りに全従業員に新たなフレックス制を提示する方針。

      ただ、新たな労働時間の導入に抵抗を感じる企業もありそうだ。今回の合意に応じた経営者団体は、「痛みを伴う」妥協だったと説明。多くの企業にとって受け入れがたい結果なのではないかと付け加えた。

      【【ドイツの労働者】週28時間労働の権利を獲得「組合員230万人」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      earthquake-1665878_640

      1:最速ニュース+な (?∀?(⊃*⊂) ★ 2018/02/09(金) 19:30:02.63 ID:CAP_USER9
      政府の地震調査委員会(委員長=平田直なおし・東京大教授)は9日、静岡県から九州の太平洋側に延びる南海トラフで
      今後30年以内にマグニチュード(M)8~9級の巨大地震が発生する確率を「70~80%」に引き上げたと発表した。

      調査委は、毎年1月1日現在の発生確率を計算して公表している。
      時間の経過に伴い、2014年に発表した「70%程度」から確率が高まった。13年までは「60~70%」だった。

      今後10年以内の発生確率もこれまでの「20~30%」から「30%程度」に引き上げた。
      50年以内の確率は「90%程度、もしくはそれ以上」に据え置いた。

      南海トラフでは、おおむね100~150年おきにM8級の海溝型地震が発生してきた。
      調査委は地震の多様性などを加味して、平均発生間隔を88・2年と仮定している。

      http://www.yomiuri.co.jp/science/20180209-OYT1T50102.html

      【【政府】南海トラフ地震の発生確率を「70~80%」に引き上げ「10%⬆」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な どどん ★ 2018/02/09(金) 14:31:41.98 ID:CAP_USER9
      株式会社カプコンは、PlayStation®4、Xbox One>>1およびPC>>2向けゲーム『モンスターハンター:ワールド』を全世界で600万本出荷(ダウンロード版販売実績を含む)しましたのでお知らせいたします。

      「モンスターハンター」シリーズは、雄大な自然の中で巨大なモンスターに立ち向かうハンティングアクションゲームです。「友人と協力して強大なモンスターに挑む」という通信協力プレイが新たな
      コミュニケーションスタイルを確立し、「モンハン現象」と呼ばれる社会現象を巻き起こしました。2004年に家庭用ゲームでの第1作を発売して以降、14年を経た今なお確実にファンを増やし、
      シリーズ累計販売本数4,600万本(2018年2月9日時点)を誇る大ヒットシリーズに成長しています。
      『モンスターハンター:ワールド』は、据え置き機向けには9年ぶりとなるシリーズ最新作です。プレイヤーは調査団の一員として"新大陸"に足を踏み入れたハンターとなり、未知の大陸を探索します。
      今作ではエリア間の移動や各種アクションをシームレスで行えるほか、全世界のプレイヤーとのオンラインマルチプレイなど、これまでのシリーズ作から大きな変革を遂げています。また、国内市場に加え、
      海外市場での支持を更に高めるため、シリーズ初の世界同日発売を実施しました。これらの結果、国内外のメディアから高い評価を獲得したほか、ユーザーからも好評を博し、カプコン史上最速のペースで
      出荷本数600万本を達成しました。
      加えて、2018年春から全国7地区で予選を行い日本一のハンターを決定する『モンスターハンター:ワールド』狩王決定戦の開催を予定しています。さらに、ハリウッドでの映画化やユニバーサル・スタジオ・
      ジャパンにて開催中の「モンスターハンター・ザ・リアル」など、ゲーム以外の領域でのIP展開を推進し、幅広いユーザー層に向けて、長期的なブランド価値向上のための施策を展開してまいります。
      当社はこれからも、卓越したゲーム開発力を遺憾なく発揮し、オリジナリティ溢れるゲームタイトルを創造し続け、ユーザーの皆様のご期待に応えてまいります。
      http://www.capcom.co.jp/ir/news/html/180209.html

      【『モンスターハンター:ワールド』600万本突破!カプコン史上最速のペース】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      syria-1034467_640

      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/09(金) 08:27:52.39 ID:CAP_USER9
      英IS戦闘員「ビートルズ」の2人、シリアで拘束 米当局
      2018年2月9日 7:37
      http://www.afpbb.com/articles/-/3161725

      【2月9日 AFP】イスラム過激派組織「イスラム国(IS)」に所属する英国人戦闘員で、英国訛りを持つことから「ビートルズ(The Beatles)」と呼ばれていたグループのメンバー2人が、シリアで身柄を拘束されていたことが分かった。米国防当局者が8日、明らかにした。
       いずれも英国出身のアレクサンダ・アモン・コーティ(Alexanda Amon Kotey)とシャフィ・シェイク(El Shafee el-Sheikh)の2容疑者は今年1月、シリア東部で米国が支援する反体制派組織「シリア民主軍(SDF)」に身柄を拘束された。
       米国防当局者は声明で「2人はISIS(ISの別称)による欧米人の人質の違法拘束に見張り役や通訳者として関わり、『ジハーディ(聖戦士)・ジョン(Jihadi John)』と呼ばれた英国人テロリストとのつながりがあったとみられる」と説明している。米当局は2人の詳しい状況などについては明らかにしていない。
      「ビートルズ」と呼ばれていたグループのリーダーで「ジハーディ・ジョン」と呼ばれていたモハメド・エムワジ(Mohammed Emwazi)容疑者は2015年、米主導の連合軍のドローンを使った攻撃で殺害された。もう1人のメンバー、エイネ・デイビス(Aine Davis)容疑者はトルコで拘束されている。(c)AFP

      【【国際】英IS戦闘員「ビートルズ」の2人、シリアで拘束 米当局 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      idea-3085367_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/07(水) 23:54:47.90 ID:CAP_USER9
      インターネットに散らばる情報をテーマごとに収集する「まとめサイト」。2000年代後半ごろから続々立ち上がり、現在に至るまで多くのネットユーザーが利用している。

      しかし2018年に入り、老舗まとめサイトの閉鎖が相次いでいる。

      ■突然の閉鎖発表、過去記事も全て削除

      09年に開設されたまとめサイト「あじゃじゃしたー」の管理人は18年1月26日、ツイッターで突如「ブログ閉鎖です。移転もないし復活もしません。長い間ありがとうございました!」と発表した。現在、サイトは閲覧できない状態となっており、過去記事も全て削除されている。

      それから約1週間後の2月3日、今度は06年開設のまとめサイト「ぁゃιぃ(*゚ー゚)NEWS」 が更新の終了を報告。理由については「単純に更新時間の確保が難しくなってきた、というありふれたものです。我ながらフツーですが、終わるときはこんなものなんでしょう」と説明している。

      ■まとめサイトに冬の時代?

      個人・団体を問わず誰でも開設できるまとめサイトの中には、その気軽さゆえ問題をはらむサイトも少なくない。

      17年11月13日放送の「クローズアップ現代+」(NHK総合)では、ネット上でデマ情報が拡散する要因の1つとして「まとめサイト」を指摘。不正確な情報を拾い集めて作られた「まとめ」が誤解を生み、あたかも真実のように広まってしまった実例を紹介した。

      17年11月16日には、差別的な投稿を集めて記事化し精神的苦痛を与えたとして、まとめサイト「保守速報」の運営者が損害賠償を命じられた。

      なかでも最も世間を騒がせたのはディー・エヌ・エー(DeNA)の「ウェルク(WELQ)」だろう。医療情報サイトを名乗りながら、科学的根拠が不明確な記事の掲載や著作権侵害が問題視され、16年12月に閉鎖に追い込まれた。

      この問題について、第三者委員会による277ページもの調査報告書では、以下の考察がなされている。

      “「本問題は、そもそものメディアのあり方、インターネットにおける情報発信のあり方、情報過多の時代における情報集約・整理機能の社会的意義及びあり方(中略)を問いかけるものであった。当委員会としても、こうしたテーマのそれぞれについて何度も議論を重ねたが、限られた知見と時間の中では、確定的な結論を出すまでには至らなかった」

      【【ネット】「まとめサイト」老舗サイトが相次ぎ閉鎖の謎】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/08(木) 21:24:26.72 ID:CAP_USER9
      http://www.bbc.com/japanese/42984975

      ジェイムズ・ギャラガー健康科学担当編集委員、BBCニュース
      2018/02/08

      英ケンブリッジ大学の研究者らはこのほど、食品とがんの進行・転移との関係を示す研究結果を発表した。

      英科学誌「ネイチャー」に掲載された研究論文によると、アスパラギンと呼ばれる栄養素が不足すると、乳がん細胞の成長が妨げられることが動物実験で分かったという。

      アスパラギンはたんぱく質を構成するアミノ酸の一種で、名前の元となったアスパラガスや鶏肉、魚介類など多くの食品に含まれている。
      科学者たちは、がん細胞の「食べ物の好み」が治療に将来役立てられるのを期待している。
      がん研究団体「キャンサーリサーチUKケンブリッジ研究所」は、進行の早いがんにかかったマウスに、低アスパラギンの食事を与えたり、アスパラギンを阻害する薬を投与した。マウスは通常、がんが体全体に転移し2、3週間で死亡するが、実験対象のマウスのがんは転移が抑えられた。

      グレッグ・ハノン教授は、「本当に大きな変化だった。(がん細胞を)見つけるのがなかなか大変なほどだった」と語った。
      英グラスゴー大学は昨年、アミノ酸のセリンとグリシンを取り除くと、リンパ腫と腸がんの成長が阻害されるという実験結果を発表している。
      ハノン教授はBBCに対し、「特定のがんが特定の食べ物にやみつきだという可能性が高まっている。将来は、患者の食事を調整したり、薬を投与したりして、がん細胞がこれらの栄養素を得られないようにし、治療の効果を高められると期待している」と話した。

      がん細胞

      初期がんが致命的になることは少なく、体全体への転移によって深刻な状態になる。
      がん細胞の転移には、細胞に大きな変容が起きる必要がある。腫瘍から分離し、血流内を移動し、体内の別の場所で成長し始めなくてはならない。
      研究者たちは、この過程でアウパラギンが不可欠な役割を果たしているとみている。

      しかし、アスパラガス好きな読者が恐れる必要はない。研究は証明されたわけではないし、食事でアスパラギンを完全に避けるのはそもそも困難だからだ。
      将来は、栄養バランスは取れているが、アスパラギンを含まない特殊な飲み物を、患者が食事代わりに飲むという治療法を研究者たちは想定している。

      キャンサーリサーチUKの主任医師、チャールズ・スワントン教授は、「興味深いことに、薬剤のL-アスパラギナーゼは、アスパラギンに異存する急性リンパ性白血病の治療に使われてきた。将来は、この薬剤の効能を拡大し、乳がんの治療にも役立てられる可能性がある」と語った。
      これにはさらなる実験が必要だ。

      乳がん治療の慈善団体「ブレスト・キャンサー・ナウ」の会長を務めるデリス・モーガン女男爵は、今回の研究に基づいて患者が極端な食事療法をしようとすべきでないと語った。
      モーガン氏は、「医者との相談なしに、特定の食品群を完全に食べないようにするのは良くない。さらに我々は、すべての患者に対し健康でバランスのとれた食事を取るよう促している」と述べた。

      (英語記事 Food may influence cancer spread)

      https://ichef-1.bbci.co.uk/news/410/cpsprodpb/0E76/production/_99920730_c2c3b1ec-21a2-4323-86fd-9d5bb0d5954b.jpg

      【【健康】がん進行・転移に食品が影響か=英研究「アスパラギン」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bitcoin-3137984_640

      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/09(金) 11:25:00.89 ID:CAP_USER9
      2月9日 5時31分

      大手取引所の「コインチェック」で巨額の仮想通貨が流出した問題で会社は、顧客から預かっている資産のうち「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして来週13日にも再開する方針を固めました。
      一方、被害者への補償の時期や、顧客から預かっている「仮想通貨」の引き出しのめどは依然として立っていません。
      大手取引所の「コインチェック」では、先月26日、外部からの不正なアクセスで580億円相当のNEMと呼ばれる仮想通貨が流出しました。

      これを受けて会社は、顧客から預かっている「日本円」と「仮想通貨」の引き出しや、ビットコインを除く仮想通貨の売買を停止し、原因の究明やシステムの安全確認などを進めています。

      こうした中、関係者によりますと、「日本円」の引き出しについてはシステムの安全性が確保できたとして、来週13日にも再開する方針を固めました。

      利用者はコインチェックに開設した口座に「日本円」を預け、それを元手に「仮想通貨」を売買する仕組みになっていますが、流出問題が起きて以降、預けたお金を突然、出金できなくなる状態が続いていました。

      ただ、「仮想通貨」の引き出しや売買については、多くの種類の仮想通貨を扱っていることなどからシステムの安全性の検証にまだ時間がかかるとして再開のめどは立っていません。
      また、焦点となっている被害者への補償時期も依然としてめどが立っていないということです。

      コインチェックは、先月29日、金融庁から業務改善命令を受け、再発防止策などをまとめた報告書を来週13日までに提出することにしていて、この中で、被害者への補償などについて今後の方向性をどう示すかが注目されます。

      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20180209/k10011321801000.html 
      【【コインチェック】預かり金の出金 13日にも再開へ】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 復讐の鬼 ★ 2018/02/08(木) 17:55:47.14 ID:CAP_USER9
      安倍首相は8日、自身と首相官邸のSNSを通じ、M6.4の地震に見舞われた台湾に対しメッセージを発信。
      直筆の応援メッセージとともに、日本として出来る限りの支援を行うと表明した。

      安倍首相は、
      「台湾東部で発生した大きな地震により、亡くなられた方々への御冥福をお祈りするとともに、被害に遭われた皆様に、
      心からのお見舞いを申し上げます」と記し、自らの言葉で、
      「東日本大震災では、古くからの友人である台湾の皆さんから、本当に心温まる支援を頂きました。決して忘れることはありません。
      そして、この、大切な友人の困難に際して、日本として、出来る限りの支援を行っていく考えです」と述べた。

      さらに、台湾頑張れという意味の「台湾加油」との応援メッセージを書き上げ、
      「この困難な時、私たち日本人は、古くからの友人である台湾の皆さんと共にあります。全力を挙げて支援して参ります」と表明した。

      応援メッセージを送る安倍総理 動画
      https://www.facebook.com/abeshinzo/videos/1528759527247485/

      https://news.biglobe.ne.jp/domestic/0208/blnews_180208_2732425450.html

      【【台湾地震】安倍首相「日本人は古くからの友人である台湾の皆さんと共にあります」【台湾加油】】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      photovoltaic-system-2742302_640

      1:最速ニュース+な 孤高の旅人 ★ 2018/02/08(木) 13:38:53.92 ID:CAP_USER9
      太陽光 買い取り3円下げ 中規模発電、18年度から
      2018年2月8日 朝刊
      http://www.tokyo-np.co.jp/article/economics/list/201802/CK2018020802000155.html

       経済産業省は七日、太陽光や風力など再生可能エネルギーの普及を目指す「固定価格買い取り制度」に基づき、二〇一八年度から中規模の太陽光発電の買い取り価格を現在より三円引き下げる方針を決めた。
       出力が十キロワット以上、二千キロワット未満の太陽光の買い取り価格を現在の一キロワット時当たり二十一円から十八円に引き下げる。家庭などで使われる十キロワット未満の小規模な太陽光発電や、陸上風力についてはすでに引き下げが決まっている。
       買い取り制度は、再生エネで発電した電力を買い取り、その費用を電気料金に上乗せする仕組みで一二年度に始まった。経産省は再生エネの普及と国民負担の抑制を両立させようと、毎年買い取り価格の引き下げを進めている。今回は太陽光の設備導入にかかるコストの低下が進んだことを受け、引き下げる。
       一方、太陽光パネル設置業者や発電業者など再生エネに携わる事業者を取り巻く環境はますます厳しくなる。東京商工リサーチによると、一七年の太陽光関連事業者の倒産は八十八件で、最多だった一六年の六十五件を大きく上回った。
       国内の再生エネは、本格導入で先行する欧州などと比べ、コストが割高とされる。ただ、日本では電気を流す送電線の増強費用について大手電力会社から負担を求められることもコストを押し上げる要因になっている。また、大手電力が福島の原発事故後に停止している原発向けに送電線を空けているために増強費用が高くなっている面もあり、送電線の運用とコスト負担のあり方の見直しも課題として浮上している。(伊藤弘喜)
       <固定価格買い取り制度> 再生可能エネルギーによる電気を、国が決めた価格で電力会社が買い取る制度。2012年7月に導入され、採算が取れる価格を設定することで再生エネ業者の参入を促してきた。買い取り費用は電力料金に上乗せされ、16年度までで計2・3兆円に上る。

      【【経済産業省】太陽光 買い取り3円下げ 中規模発電、18年度から 】の続きを読む