• by
  • 最速ニュース+:175/2148
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      analysis-2030266_640

      1:最速ニュース+な 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/15(木) 06:43:41.70 ID:CAP_USER9
      世界最大の頭脳集団「中国科学院」6万9000人 日本の理研は3500人……勢いの差は歴然 (1/3)


       6万9千人対3千5百人--。これは中国における科学技術の総本山「中国科学院」と、日本唯一の自然科学系総合研究所である理化学研究所の人員を比べたものだ。中国共産党は1949年の建国直後に中国科学院を設置。科学技術を軍事や経済の根幹と見据えて投資を惜しまず、現在の年間予算は1兆円とも言われる。近年の勢いはすさまじく、科学技術の凋落が著しい日本との差は歴然だ。

       中国科学院は、日本の内閣に相当する国務院に直属し、自然科学系の研究開発や高等教育などを主な任務としている。傘下には高エネルギー物理研究所(北京)や上海生命科学研究院(上海)、深●(=土へんに川)先進技術研究院(広東省)をはじめとして、全土に100カ所以上の研究所がある。7万人近い人員は、研究機関としては恐らく世界一だ。

       各研究所を通じて多数の研究施設を運用しており、主なものとしては(1)最新鋭の超電導トカマク型核融合実験装置「EAST」(安徽省)(2)近隣の原子力発電所から発生する素粒子ニュートリノを調べる大亜湾ニュートリノ観測所(広東省)(3)直径500メートルの巨大な電波望遠鏡「FAST」(貴州省)--などが挙げられる。

       さらには複数の大学も所管。このうち中国科学技術大学(安徽省)は、“最強の暗号”といわれる量子暗号の実用化に向けた研究で世界をリードする物理学者の潘建偉氏が副学長を務めている。研究に用いられている大型の実験衛星「墨子号」は中国科学院傘下の国家宇宙科学センターが開発して打ち上げたものだ。

       中国科学院の年間予算は2015年時点で約8600億円。近年の伸び率を考えると、今年は既に1兆円を超

      以下ソース
      http://www.itmedia.co.jp/news/articles/1802/13/news043.html



      【【どっちが勝つ?】6万5000人の中国科学院 VS 日本の理化学研究所3500人】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/15(木) 02:17:29.89 ID:CAP_USER9
       【コロンボ=黒沼勇史】政治混乱が深まるインド洋の島国モルディブのモハメド・ナシード元大統領(50)は12日、隣国スリランカのコロンボで日本経済新聞の単独インタビューに応じ「対中債務は15億~20億ドル(約1600億~2200億円)に上るが、返済は不可能だ」と述べ、2019年中にも中国への領土割譲に追い込まれると危機感をあらわにした。

       08~12年に大統領を務めたナシード氏は16年に英国に亡命した…

      2018/2/13付朝刊
      日本経済新聞 全文は会員登録をしてお読みいただけます
      https://www.nikkei.com/article/DGKKZO26811870S8A210C1FF8000/

      【【国際】モルディブ元大統領「中国への領土割譲必至」 「債務返済は不可能」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/14(水) 04:04:39.94 ID:CAP_USER9
      http://otakei.otakuma.net/archives/2018021201.html

      2018/02/12
       PCはマシンの排熱処理が結構重要なはずなのですが、その先生がPCケースにしたのは、なんと電気ポット。ポット内部にCPUやマザーボード、メモリなど必要なものを一揃え搭載しています。

       このPCを、ツイッターユーザーの塩鮭さんは
      「うちの学校の先生が作った自作PCが面白すぎるwwwwwww」
      と紹介しています。

       「どうしてガワにポットを選んだ!?」と、これを見た人はあまりの謎チョイスにざわざわ。これ蓋を閉めたら排熱できないヤツじゃん、ネタでしょ?とリプライは反響に沸いています。ポットから伸びているコードがWindowsのホーム画面を映しているモニタに接続されている様子はかなりシュール。保温したら明らかにアカンやつ……。このポットマシン、「iPot」と称する人も。上手い事を言いますな……。

       自作ポットPC、制作した先生によるとCPUはIntelのCore-i3 メモリは4G、SSDは120GB、OSもWin8.1を搭載しているなど、そこそこ使えるスペック。ちなみに電源は給湯ボタン、温度は湯量を見る窓の部分に仕込んであるアナログな棒温度計で確認することができるとの事。総額5万2千円ちょいでできているそうです(塩鮭さん調べ)。

       取っ手が付いていて確かに持ち運びはとても楽そうですよね!排熱でお湯が沸いたりは……しませんが、遊び心満載の自作PC、Mac Proもびっくりなナイス発想ですよね。以前に電子レンジのパネルが壊れたので電卓を使ってパネルの代わりに取り付けた人がいたりとか、炊飯器にPC仕込んでみた人とかもいましたがこういう柔軟な発想が新しい何かを生み出す力になるのかな?




      no title

      no title

      no title


      no title詳しいスペックhttp://otakei.otakuma.net/wp/wp-content/uploads/2018/02/8e449514b3de40ba90959e24db1fef22-600x81.jpg

      【【iPot】Windows搭載ポット型PCの出現にネット騒然 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/14(水) 15:05:29.37 ID:CAP_USER9
       カバーが外れたユナイテッド航空機のエンジン部分=13日(AP)
      no title


      米サンフランシスコからハワイに向かっていたユナイテッド航空機が13日、主翼に取り付けられたエンジンのカバーが飛行中に外れ、ホノルルの空港に緊急着陸した。けが人はなく、発着便の運航にも影響はなかった。AP通信などが報じた。

       複数の乗客らが、むき出しになったエンジンががたがたと揺れる様子の映像や画像をツイッターに投稿し話題となった。地元テレビによると、乗客らは大きな音がしたり煙が上がったりしていたと話し「人生で最も怖いフライトだった」と振り返った。

       報道によると、機体はボーイング777。米連邦航空局(FAA)が原因などを調べている。(共同)

      2018.2.14 14:28
      産経ニュース
      http://www.sankei.com/world/news/180214/wor1802140035-n1.html

      【【ユナイテッド航空】エンジンカバー外れてむき出しで飛行し緊急着陸】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な みつを ★ 2018/02/14(水) 02:15:42.51 ID:CAP_USER9
      https://www.cnn.co.jp/m/fringe/35114602.html

      2018.02.13 Tue posted at 11:13 JST
      (CNN) 地球の海面を人工衛星で観測したデータから、気候変動によるとみられる海面上昇が年々加速していることが確認された。米コロラド大学ボルダー校の研究者らが12日、米科学アカデミー紀要(PNAS)に発表した。

      従来の潮位測定機器が沿岸部に設置されているのに対し、衛星を使えば外洋の測定が可能になり、より正確なデータを得ることができる。

      同校で航空宇宙工学を研究するスティーブ・ネレム教授らのチームが1993年までさかのぼって衛星データを分析したところ、海面はこの25年間で計7センチ上昇していることが確認された。これは、一般に指摘されている年間約3ミリのペースとほぼ一致する数字だ。

      しかしチームによると上昇のペースは一定でなく、年々加速している。ネレム教授は、グリーンランドや南極で進む氷の融解が加速の主な原因だと指摘。2100年までの上昇幅は、平均のペースが続くとすれば約30センチと予想されるが、融解が加速した場合はその2倍以上となり、60センチ以上に及ぶ可能性があると主張する。

      気候変動に関する政府間パネル(IPCC)の報告書でも、温室効果ガス排出量がこのまま変わらなければ、2100年までに海面が52~98センチ上昇するというシミュレーション結果が出ている。

      海面が65センチ上昇すると、沿岸部の都市を襲う高潮などの災害は爆発的に悪化する恐れがある。

      ネレム教授らのチームはエルニーニョ、ラニーニャ現象や火山噴火による海水位の変化など、海面の高さに影響を及ぼすさまざまな要因を除外して、気候変動による加速を割り出した。

      チームによれば、海面上昇は現在、半分以上が海水の熱膨張、残りが氷床や氷河の融解によって起きている。

      ネレム教授によると、グリーンランドや南極ではすでに氷床が不安定になっている兆候がみられる。今後急速に融解が進んだ場合、海面上昇が2100年までに65センチを超えることも十分考えられるという。

      グリーンランドや南極ではすでに氷床が不安定になっている兆候がみられるという
      no title

      南極で氷が増減した地域を示す図。NASAは人工衛星を使い、氷塊の変化を測定した
      no title

      【【環境問題】海面上昇が年々加速している「衛星観測データ」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      uh-60-black-hawk-3148826_640

      1:最速ニュース+な 影のたけし軍団 ★ 2018/02/14(水) 11:06:47.97 ID:CAP_USER9
      コーツ米国家情報長官は13日、上院情報特別委員会の公聴会で証言し、
      核・弾道ミサイル開発を進める北朝鮮にどう対応するかについて「決断のときはかつてないほど迫っている」と述べ、
      北朝鮮が米本土攻撃能力を確保するのを阻止する時間は少なくなりつつあるとの見方を示した。

      コーツ氏は、北朝鮮が今年も弾道ミサイル発射を複数回にわたって強行するだろうと予測。
      また、北朝鮮の李容浩外相の発言を引き合いに、金正恩体制が太平洋上の大気圏内での水爆実験を検討している可能性に言及した。

      同氏はまた、北朝鮮は核保有を体制存続のよりどころとしており、
      「交渉によって(核を)放棄する意思はない」と指摘。北朝鮮は「米国の存亡に関わる脅威になり得る」として危機感を表明した上で、
      「目標は平和的解決だ」と語り、北朝鮮に姿勢転換を迫るため引き続き最大限の圧力をかけていく方針を強調した。

      一方、同じ公聴会に出席したポンペオ中央情報局(CIA)長官は、
      北朝鮮が米国を脅かす核兵器の保有を目指していることに関しては「変化の兆しは全くない」と見方を示した。

      また、米軍が北朝鮮に対して限定攻撃に踏み切った場合に想定される北朝鮮の反撃などについては「分析済みだ」と語ったが、
      詳細は明らかにしなかった。
      http://www.sankei.com/world/news/180214/wor1802140026-n1.html

      「米存亡に関わる脅威」情報長官が北朝鮮をけん制
      http://mainichi.jp/articles/20180214/k00/00e/030/274000c

      【【対北朝鮮】 コーツ米国家情報長官 「決断のときは迫っている」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な ばーど ★ 2018/02/14(水) 11:45:49.18 ID:CAP_USER9
       イタリアの独裁者ムソリーニ(AP=共同)
      no title


       【ローマ共同】3月4日に総選挙を控えるイタリアで、独裁者ムソリーニ(1883~1945年)が現代のローマによみがえったら、との設定の映画「私は帰ってきた」が公開され、話題となっている。日本でもヒットしたドイツ映画「帰ってきたヒトラー」のムソリーニ版作品。

       イタリア人監督ルカ・ミニエロ氏は「今のイタリアはファシズムが生まれた時の状況に似ている。ポピュリズムが台頭してきており恐ろしい」と指摘した。

       ムソリーニは38年にユダヤ人を差別する人種法を制定。ファシスト党の一党独裁体制を確立し、ヒトラーと軍事同盟を結んだ。その後失脚し、45年に銃殺された。

      2018/02/14 09:31
      新潟日報
      http://www.niigata-nippo.co.jp/world/world/20180214374536.html

      【【イタリア】「帰ってきたムソリーニ」 映画公開で話題に】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      bitcoin-3090250_640

      1:最速ニュース+な じゅげむ ★ 2018/02/13(火) 20:18:35.23 ID:CAP_USER9
      [東京 13日 ロイター] - 関係筋によると、約580億円分の仮想通貨「NEM(ネム)」が流出した交換業者コインチェックは、13日午後8時から本社で会見を行う。

      仮想通貨流出で業務改善命令を受けた仮想通貨取引所・コインチェックは同日、金融庁に対し、再発防止策などを盛り込んだ報告書を提出した。関係者が明らかにした。

      約580億円相当の仮想通貨が外部の不正アクセスで流出したことを受け、金融庁は1月29日、コインチェックに対して改正資金決済法に基づく業務改善命令を出した。

      その上で、2月13日までに
      1)事実関係と原因の究明、
      2)顧客への適切な対応、
      3)システムリスク管理態勢に関する経営管理態勢の強化と責任の所在の明確化、
      4)実効性あるシステムリスク管理態勢の構築と再発防止策の策定
      の4点について報告するよう求めていた。

      金融庁は報告書を精査し、今後の対応を検討する。

      https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180213-00000075-reut-bus_all



      【【コインチェック】本日午後8時の緊急会見 の様子「この会見は何か意味があるの?」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/13(火) 09:12:44.64 ID:CAP_USER9
       【ワシントン共同】トランプ米政権は12日発表した米航空宇宙局(NASA)の2019会計年度(18年10月~19年9月)の予算案で、人類を再び月に送る計画を新たに盛り込み、全体で199億ドル(2兆1600億円)の予算を計上した。18年度に比べ3億7千万ドルの増額となった。

       一方で、国際宇宙ステーションへの拠出を25年で終了させる方針を打ち出し、代わりにステーションが回る地球の低軌道を民間企業が活用するのを支援するため、1億5千万ドルを計上した。

       将来について、20年度以降は全体の予算を196億ドル程度まで縮小し、23年度までその水準を維持するとしている。

      http://www.niigata-nippo.co.jp/world/national/20180213374282.html
      no title

      【【米国】人類を再び月に送り込む計画があると発表】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1:最速ニュース+な 岩海苔ジョニー ★ 2018/02/13(火) 14:42:54.34 ID:CAP_USER9
      nhk速報

      【【速報】長野南部で震度4「2018年2月13日14時39分頃」】の続きを読む