• by
  • 最速ニュース+:1/2287
        

    画像の説明

    政治・社会 経済・ビジネス 外交・安全保障 テロ・紛争・戦争・崩壊 人災・天災 オピニオン・提言系 科学技術 欧米・ロシア・その他 中東・アフリカ 韓国・北朝鮮 中国・アジア 歴史 事件・時事 生活・雑学 雑感・食べ物・アニメ・マンガ・映画他 ・ 宗教・精神世界・Xファイル

      トップページ > >

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/19(土) 13:11:22.21 ID:KD98Ok019
       メキシコ中部イダルゴ州で18日午後5時ごろ(日本時間19日午前8時ごろ)、石油パイプラインが爆発した、州知事によると、少なくとも20人が死亡、60人以上がけがをした。軍などが消火活動にあたっている。
      パイプラインを所有する国営石油会社によると、住民が石油を盗もうとした際に爆発したという。

       爆発があったのは、メキシコ市の北約90キロのイダルゴ州トラウエリルパン。メキシコでは、パイプラインに穴を開けるなどして違法に石油を盗み取り、自分で使ったり、転売したりする行為が問題になっている。
      現地報道によると、爆発直前にもバケツやドラム缶を持った300人ほどが集まっていたという。

       インターネットに地元メディア…

      残り:191文字/全文:478文字
      以下非公開記事です

      石油盗もうと…パイプライン爆発 メキシコで20人死亡
      有料記事
      サンパウロ=岡田玄
      2019年1月19日12時54分
      https://www.asahi.com/articles/ASM1M41TDM1MUHBI01B.html




      【【メキシコ】石油を盗もうと…パイプライン爆発、20人死亡 爆発直前バケツやドラム缶を持った300人ほどが集まる 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/19(土) 04:05:38.87 ID:7QIcR+Ji9
      https://www3.nhk.or.jp/news/html/20190119/k10011783401000.html

      世界中で宇宙ビジネスへの参入の動きが広まる中、ロシアの会社が人工衛星を打ち上げて、
      夜空に広告を浮かび上がらせる計画を発表し、天文学者などから懸念の声が上がっています。

      人工衛星を使った新たな広告サービスの計画を発表したのは、ロシアの会社、「START ROCKET(スタート・ロケット)」で、
      今月7日、動画投稿サイトでPR動画を公開しました。

      会社のホームページなどによりますと、打ち上げられたロケットが、高度500キロほどの宇宙空間に
      小さな四角い人工衛星をばらまき企業のロゴや文字を形づくります。

      衛星に取り付けられた特殊なフィルムが太陽の光に反射するため、地上からは、夜空に広告が
      浮かび上がっているように見えるということです。

      会社では専門家などと共同で研究を進め、2021年には、この計画を実現したいとしています。

      ただ、天文学者からは技術的に、本当に実現できるのかを疑問視する声や、空が広告で照らされることで、
      天体の観測や研究の妨げになるといった懸念の声が上がっています。

      また、ネット上では「空は企業の所有物ではない」「こうした恐ろしいアイデアは国際的に禁止すべきだ」
      などと否定的な意見が広がっています。

      【【人工衛星をばらまき夜空に広告】ロシア企業の計画に天文学者らから懸念の声】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/19(土) 05:51:49.60 ID:hrwHPu669
      ◆ レーダー照射・韓国暴挙3要因 浮かび上がった「仮想敵国・日本」

      韓国の駆逐艦が日本の哨戒機に火器管制レーダーを照射した問題がこじれてまくっている。

      日本側は照射されたことを証明するために、受けた側と照射した側のレーダーの周波数のデータを突き合わせようと求めたが、韓国側はこれを拒否。

      日本に謝罪を要求し続ける“暴挙”と思われる対応をしている。

      韓国は、なぜ以前よりもまして高圧的な態度に出ているのか? 

      続きはソースで

      (写真)レーダー照射したとされる韓国の駆逐艦
      no title


      東スポWeb 2019年1月17日 17時0分
      http://news.livedoor.com/article/detail/15886483/

      【【韓国が高圧的態度に出る理由】「北の核さえ手に入れば日本などいくらでも恫喝できる」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 11:02:03.34 ID:he8Il7/m9
      ◆ 地球の磁場に異変。その原因は不明。

      地球の磁場に原因不明の異変の兆しが現れている。

      地球の磁極は毎年数キロほど”散歩”をするのだが、ここ数年の北極の動きはどんどん不可解なことになってきている。

      最新のレポートによると、どうしたわけか、北極の磁極がカナダからシベリアへと不規則にズレてきているようだという。

      ■ 磁場の異変により地球の磁場マップの改定が迫られる

      研究に携わっているイギリス・英リーズ大学のフィル・リバモア氏は、「磁北極の位置は2つの大きな磁場の区画によって決められているようだ。1つはカナダの地下、もう1つはシベリアの地下にある。この競争にシベリア区画が勝利しつつある」と語る。

      アメリカ海洋大気庁(NOAA)では、5年ごとに地球の磁場マップを世界磁気モデル(World Magnetic Model)で作成している。

      その最新版は2015年作成のもので、次回は2020年を予定していたのだが、最近の薄気味悪い挙動のおかげで、予定よりも早く地図を改定する必要に迫られた。

      その改定版は1月15日に公開されるはずだったが、最近のアメリカの政府閉鎖のせいで延期となり、早くても1月30日とされている。

      2015年に作成された世界磁気モデルによる磁場マップ
      no title


      ■ 複雑で難解を極める磁場パターン

      地球の磁場は核内部で対流する溶鉄によって生じている。

      それは複雑怪奇な様相で、そのために磁場のパターンをモデル化することや予測することは極めて難しい。

      その複雑さに輪をかけるように、2016年には南米で突然の地磁気パルスが生じている。

      最近の不可解な変動はこれに起因するのではと推測されている。

      しかしカナダの地下にある磁場がかくも奇妙な態様で弱まっているように見える理由は、ほとんど分からない。

      ■ 磁場の異変はナビゲーションシステムに影響

      磁場が狂うと我々の生活にも影響を与える。実は磁場はさまざまなナビゲーションに大きく関与している。

      ぱっと思い浮かぶのは磁場の作用によって針を動かす昔ながらのコンパスであるが、最先端のナビゲーションシステムも磁場を利用する。

      現時点での異常は、こうした機器を役立たずにするほどではないが、不測の事態に備えて監視を続ける必要はある。

      ■ 地磁気逆転の前兆なのか?

      なにしろ、とんでもない磁場の変動が起きる可能性は否定できない。

      磁極が文字通り逆転してしまう地磁気逆転という現象は確かにある。

      それが最後に起きたのは78万1000年前のことだが、過去2000万年のスパンでは概ね30万年ごとに起きていると考えれらている。

      この研究レポートは『Nature』に掲載された。

      References:Earth's Magnetic Field Is Up To Some Seriously Weird Stuff And No One Knows Why/ written by hiroching / edited by parumo

      イメージ写真:no title


      カラパイア 2019年01月18日
      http://karapaia.com/archives/52269939.html

      【【地球磁場に原因不明の異変】地磁気逆転の前兆か?】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      【【北朝鮮】瀬取り続けている” 日本政府 安保理に通報】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/17(木) 21:46:55.11 ID:zBHAqR/p9
      2019年1月17日 9時50分
      財経新聞

       米航空宇宙局(NASA)は12日、マウスなどのげっ歯類を研究する「RR-8」プロジェクトにおいて、国際宇宙ステーション(ISS)など宇宙空間に年齢差のあるマウスを滞在させ、老化が病気の進行に及ぼす影響を調査すると報告した。オンラインデータベース上のデータを共有することに同意した学術機関や企業、政府機関に、NASAは宇宙飛行中のサンプルを提供するとしている。

      ■希少な微重力化での実験
       今回NASAが公表した研究の目的は、宇宙船内のような微重力の環境下にマウスを据え、その生理学的変化を追跡することだ。この調査により、微重力の環境下に置いたマウスから採取した細胞組織が生体医療研究機関にまず提供されるという。サンプルを受け取る研究者は、米スタンフォード大や米空軍などに所属する。
       宇宙空間で長時間過ごすと、骨粗しょう症や免疫不全、心筋梗塞などの病気が発生するという。生体内で発生する変化は老化現象と類似するものの、そのスピードは地球上よりも速い。そのため、宇宙飛行により、老化の研究が可能になる。

       「宇宙空間で数週間以上過ごすと、何かがあるのだ」と、今回の調査を援助する米国立研究所のマイケル・ロバート氏は語る。ISS内で行なわれるマウスを使った実験で観察できるのは、微重力による影響だけではない。ISS内で老化に影響するのは、放射線やストレスなども含まれる。ロバート氏によると、複合要因により老化するという。

      ■将来は性別の異なるマウスで実験
       実験では、10週間から16週間生きた若いマウスと、30週間から52週間生きた老年のマウスが使用される。異なる期間を宇宙ステーションに滞在させたマウスを観察することで、加速化する老化現象を調べられるという。若いマウスのほうが骨の割合や筋肉の減少に影響する運動を活発的に行なうだろうと、研究者は予測する。
       マウスを使用した実験で、体内にて分子レベルで発生することを調査したいと研究グループは考えている。宇宙空間に観察された老化への影響が、地球上のヒトにも当てはまるか確認するためだ。

       宇宙空間で発生する体内への影響を理解することが、宇宙飛行士の健康の保護や、地球上で老化に関する病気を患った人々を助ける処方の発展につながる。研究グループは将来、系統の異なるマウスや性別の異なるマウスを比較し、その影響の変化を調査する予定だ。

      http://news.livedoor.com/lite/article_detail/15884306/

      【【宇宙空間では老化が早くなる?】病気への影響を~( C・>実験で調査「NASA」】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 00:10:41.66 ID:f0QHBbyv9
      http://www.afpbb.com/articles/-/3206821?cx_part=latest

      コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」
      2019年1月17日 12:50 
      発信地:パリ/フランス [ フランス 英国 ヨーロッパ エチオピア 南スーダン アフリカ ]

      【1月17日 AFP】野生種のコーヒーの5分の3に絶滅の危険性があると警告する最新の研究論文が16日、発表された。世界で愛飲されているコーヒーの未来が、気候変動、病気、森林伐採の破壊的な組み合わせによって脅かされているという。

       毎日20億杯以上が飲まれている巨大なコーヒー業界は、商業的に栽培される品種を維持し、疫病がもたらす脅威の変化に適応させるために、わずか数か所の地域に自生する野生種に依存している。

       英キュー王立植物園(Royal Botanic Gardens, Kew)の研究チームは、絶滅の危険性があるとみなされる124種のコーヒー品種が、地球温暖化が続き生態系が破壊される中でどのように存続する可能性があるかを予測するために、最新のコンピューターモデリング技術と現地調査を利用した。

       その結果、75のコーヒー種が絶滅の危機にさらされていると判断された。そのうち13種は「絶滅寸前」、アラビカ種を含む40種は「絶滅危機」、22種は「危急」の状況にそれぞれ陥っている。

       米科学誌サイエンス・アドバンシズ(Science Advances)に掲載された論文の主執筆者で、キュー植物園でコーヒー研究を統括するアーロン・デービス(Aaron Davis)氏は、AFPの取材に「全体としては、コーヒー種全体の絶滅リスクが約60%と非常に高く、植物に関する通常の絶滅リスクの数字をはるかに上回っているという事実が得られた」と語った。

      「それは絶滅の危険性が最も高い植物群に匹敵する。別の見方をすれば、多くの種が見つけにくく、限られた地域にしか生育しておらず、中には個体群の大きさがサッカー場くらいしかない種もあるのだから、驚くには値しないことなのだ」

       世界のコーヒー生産は現在、アラビカ種とロブスタ種のわずか2種のみに依存している。

       その酸味と味わいから珍重されるアラビカ種は、世界で販売されるコーヒーの総量の約60%を占める。野生のアラビカ種が生育するのはエチオピアと南スーダンの2国だけだ。

      ■「今行動しなければ、コーヒー農業に輝かしい未来はない」

       キュー植物園のチームは、森林伐採と気温上昇によるコーヒー自然生育地の破壊がどのくらいのペースで進行したかを測定するために、エチオピアで記録された40年以上前までさかのぼる気候データを入手。分析の結果、野生のアラビカ種全体の3分の1近くが、保護区域外で生育していることが明らかになった。

      「また、これらの保護区域の多くは今もなお森林伐採や侵入による脅威にさらされているという事実も得られているため、保護区域だからといって安全というわけではない」と、デービス氏は説明した。

       コーヒーの野生種と栽培種の両方がより容易に生育する助けとなるよう、政府は森林の保全と再生に取り組む必要があると、研究チームは述べている。

       ただ、デービス氏は、現在のところコーヒーは品不足にはなっていないと指摘。「コーヒー党としては、短期的には心配する必要はない」とした一方で、「われわれが言わんとしているのは、長期的には、この極めて重要な資源が失われないようにするために今すぐ行動しなければ、コーヒー農業に輝かしい未来はないということだ」と話した。 (c)AFP/Patrick GALEY with Manuel AUSLOOS in London

      【【☕絶滅!?】コーヒー種の60%が絶滅の危機、行動すべきは「今」 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/18(金) 04:21:05.73 ID:0pF5p2+59
      http://genpatsu.tokyo-np.co.jp/page/detail/902
      東京新聞、こちら原発取材班、2019年01月16日

      各所で厚く堆積するセシウム
      東京電力福島第一原発事故の発生から8年近くとなった。首都圏にも降った放射性セシウムは、湖沼や川にたまり続けている。本紙独自の4回目の調査では、堆積物をほぼ乱すことなく採取できるオーストリア製の柱状採泥器(コアサンプラー)を新たに導入し、茨城県の霞ケ浦や牛久沼、千葉県の手賀沼や印旛沼などを調べた。
      底が砂地の地点では深さ15センチまでしか採取できなかったが、軟らかい泥の地点では30センチ前後まで採取できた。
      同じ湖沼でも、地点によって濃度は大きく異なるが、事故で汚染された層は少なくとも15センチあった。牛久沼、霞ケ浦、手賀沼とも深い層ほど高濃度で、表層に向かって濃度が下がる傾向もあった。ただし、下がり具合はゆっくりで、底の表面が低濃度の層に覆われるのは相当先のことになるとみられる。(山川剛史、小川慎一)

      ※ 汚染状況はリンク内の動画から確認できます

      【【首都圏汚染】水郷 湖沼や川にたまる放射性セシウム 4回目の独自調査【高濃度】 】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/17(木) 11:03:29.32 ID:DYpAT4pH9
      ペンス米副大統領は16日、国務省で各国駐在の大使を前に演説し、北朝鮮の非核化に向けたトランプ政権と北朝鮮との
      協議に関し、「北朝鮮が米国民や地域の同盟諸国を脅かす核兵器を解体する具体的な措置を取るのを待っている状態だ」
      と述べ、北朝鮮の非核化への取り組みが進んでいないことを認めた。

      https://www.sankei.com/world/news/190117/wor1901170016-n1.html

      【【米国】ペンス副大統領 北朝鮮の非核化停滞を認める】の続きを読む

        このエントリーをはてなブックマークに追加 Share on Tumblr
      1: 最速ニュース+ 2019/01/17(木) 09:36:41.70 ID:nlM6E9BQ9
      ◆ 台所の監視カメラが捉えた人影を「亡き息子の霊」と信じる母親(米)

      防犯のために設置されていた自宅内CCTV(監視カメラ)のセンサーが侵入者を察知したが、そこには誰の姿もなかった。

      米ジョージア州のある民家で起こった不思議な出来事を『The Sun』『Mirror』などが伝えている。

      ジョージア州アトランタに住む2児の母ジェニファー・ホッジさん(57歳)は1月5日、娘のローレンさん(21歳)とともに奇妙な体験をした。

      同日午後11時51分に、自宅の台所付近に設置されてあったCCTVのセンサーが反応し、ジェニファーさんのスマホが通知を受け取った。

      ちょうどその時、ジェニファーさんはローレンさんと寝室でテレビを見ており、居眠りをしかけていた。

      ローレンさんが母のスマホを確認すると、「玄関に侵入者あり」というメッセージとともに映像には白のパジャマ姿で髭を生やしたような男性が映り込んでいた。

      カメラが捉えた不審者は透明で、映像を見たローレンさんは「ママ、台所に誰かいるわ。ママ…これ、ロビーよ!!」とジェニファーさんに伝えた。

      ロビーさんは2016年11月29日に他界したジェニファーさんの息子だった。

      ジェニファーさんとローレンさんは恐怖を感じながらも台所に向かい、真実と対峙しようと試みた。

      しかし台所には誰の姿もなく、強盗に入られた形跡もなかった。

      それ以降、一家に変わったことは起こっていないそうだが、ジェニファーさんはこの時の出来事を次のように話している。

      「今でもショックです。CCTVのセンサーは人の気配や音を察知するのですが、台所には誰もいませんでした。正直、何を信じたらいいのかわからないのですが、あれは亡き息子で、きっと私に天国で穏やかにしていると伝えに来てくれたのかもしれません。それにしても本当に奇妙ですけど」

      ジェニファーさんは過去にこのような経験を一度もしたことがなく、幽霊も見たことがない。

      しかしロビーさんが幽霊となって現れたと信じることで、自分も穏やかな気持ちになれると言う。

      続きはソースで

      画像は『The Sun 2019年1月15日付「CHILLING MYSTERY Grieving mum spots ‘dead son’s ghost’ on kitchen CCTV after ‘transparent’ figure triggers camera sensor」』のスクリーンショット
      no title


      Techinsigh 2019年1月16日 18時10分
      http://news.livedoor.com/article/detail/15881506/

      【【アメリカ】台所の監視カメラが捉えた人影を「亡き息子の霊」と信じる母親 (写真あり) 】の続きを読む